免許更新(一般運転者)🥈

運転免許証は3年または5年ごとに更新手続きを行うが必要があります💳✨

更新時期が近づくと(誕生日の35日前頃)更新連絡書が届きます📬

更新連絡書

ハガキをひらくと

更新場所(運転免許センターまたは住所地を管轄する警察署)、受付時間、手数料などを確認することができます

《持ち物》

 

今回は最寄りの横浜アリーナ近くにある港北警察署で手続きすることにしました👮‍♂

港北警察署 横浜市港北区大豆戸町680-1

 

駐車場は30台ほど駐車可能ですが、10:00前に到着したときには混んでました🈵

 

入口にまずは交通安全協会へ行くようにと案内があるので

港北警察署隣(駐車場を出てすぐ左)の交通安全協会へ🏃‍♂️

 

収入証紙を購入(一般運転者 ¥3,300-)👛

写真を用意していない場合はここで撮影してもらえますが、今回は持ち込みました📸

 

再び警察署へ戻り、左奥に2台ある自動受付機で「運転免許更新・講習受講申請書」を作成します📝

運転免許証のICチップから情報を読み取るための4桁の暗証番号(第1番号と第2番号の2つ)の設定が求められるので決めておきましょう🤔

同じ番号でも👌

電話番号や生年月日など推測されやすい番号は避けるようにしましょう⚠️

案内に従って免許証を挿入して💳

暗証番号を入力すると

登録カード」と「運転免許更新・講習受講申請書」が印刷されます🖨️

2つの暗証番号が記載された登録カード

運転免許更新・講習受講申請書

印刷された「運転免許更新・講習受講申請書」の太枠内(住所変更などがなければ氏名、電話番号、生年月日のみ)と質問票(裏面)に記入したら

「運転免許更新・講習受講申請書」、更新連絡書(証紙領収書付)、写真(本人確認後受付で貼ってくれます)を③番窓口に提出します💁

受付が終了したら番号札をもらいます🏷️

呼ばれたら、③番窓口左隣にある適性検査受付で視力検査🕵‍♂

合格基準は「両眼で0.7以上、かつ片眼でそれぞれ0.3以上

検査前はあまり目を酷使しないように注意し、前日はしっかり睡眠をとりましょう😴

以前の更新時には問題なくても、夜の運転が見えにくいなど最近視力の低下を感じる方は、一度視力測定し、必要に応じて眼鏡やコンタクトなどで矯正しましょう🤓

 

適性検査受付で視力検査合格後、講習の予約をとります💁

神奈川県警HPにも一般運転者講習の日程が記載されています💻

今回(受付日2/5~3/8)は港北区役所隣接の港北公会堂での講習になります📝

都合がつかない方は免許センターでも受講可能だそうです👌

受講後に新免許証が交付されます✨

 

港北公会堂 横浜市港北区大豆戸町26-1

 

 

 

裏面に『更新手続中』のスタンプを押された免許証を受けとっておわりです👌

手続きから3ヶ月後(5/29)までは現在の免許証で運転可能です🚐💨

講習まで日にちがあきますので忘れずに受講しましょう📅

 

もし更新期間を忘れて運転免許更新の手続きをしなかった場合、運転免許証は失効してしまいます❎

そのまま運転した場合は無免許運転になってしまいます🚔️

失効してからどれくらい経過しているかで再取得の手続きが変わってきます💁

入院や長期の海外出張など、やむを得ない理由がなく有効期限が過ぎた日から

  • 6ヵ月以内 視力検査等の適性検査と講習を受講すれば再取得できる(通常の更新手続きと同じ)
  • 6ヵ月をこえて1年以内 適性検査後「仮免許証」を取得することができる(自動車学校で第二段階から教習または試験場で一発試験)
  • 1年以上 救済措置(試験の免除)はなく、新規で免許取得することになる

 

改元前に免許を取得した方、更新した方の免許証は「平成」の元号になっています⚠️

うっかり失効しないように、更新連絡書が届いたらなるべく早めに手続きしましょう📝

 

優良運転者講習はこちら